Category Archives: Kanazawa

金沢 うつわ編

金沢でも器をたくさん買ってしまった。

まず、夫婦で大好きな中町いずみさん。金沢の作家さんなので楽しみにしていた。

nakamachi1_Fotor_Collage

とはいえ思ったほどは見かけず、右の器を「福光屋ひがし」で見かけたので慌てて購入したのだけど、ちょっと後悔。後で訪れた「ギャラリーアルトラ」にたくさん作品があったから!

アルトラはほかにも素敵な器がたくさんあって、ギャラリーのお姉さんも親切だった。金沢に行ったらまたぜひうかがいたい。

zooma

ガラス作家・辻和美さんの「factory zoomer」にも行って、「モウモウ」と「ツブツブ」のおちょこを購入。

morioka

これは「ギャルリノワイヨ」で。森岡希世子さんという金沢の作家さんの白い磁器。とても薄くて、マットな質感が独特。左は酒器にと求めたのだが、水切れも良くとても気に入っている。

kutani

写真の色が変だけど、九谷焼のお店で買った小皿。伝統柄を復刻したものだが、シールものなのでとてもお手ごろ。500〜800円くらい? もしかしたら横浜のデパートにも売ってるかも。

sakazuki

これは「金沢古民芸会館」で購入した九谷窯変のぐい呑み。箱書きによると谷口勇さんという作家さんのもの。そんなに古いものではなさそう。

この金沢古民芸会館はとにかく広くて、いろんな意味で骨董市そのもののようなお店。お店の方も昔から骨董市でよく見るタイプのおじさん。広い場所におびただしい商品が山積みになっていて楽しいんだけど、やはり5客セット売りが多いし、値段もよくわからないものが多いので、私は一度行ってもう満足。何より交通の便がネック。でも遠くから車で買い付けに来る飲食関係の人も多いのだそう。

金沢は以上。輪島へ続きます。

金沢 お茶・お酒編

お茶したところで良かったのは、ひがし茶屋街の「茶房 一笑」。有名な加賀棒茶のアンテナショップ。2010年に改装されたらしく、落ち着いた雰囲気で、お店の方もとても丁寧。席のスペースがとてもゆったり取ってあって落ち着けるのだけど、席が少ないので競争率も高そう。

きっさ_Fotor_Collage

2階がギャラリーになっているのだけど、展示もさることながら、かつてのお茶屋さんのつくりを残した空間がとても素晴らしい。壁がきれいなピンクで、うっとり見入ってしまう。(1階の茶房はこういう感じではありません)

「一笑」に行く前に、すぐ近くの「福光屋 ひがし」でちょっとお酒も。バースペースでお酒の飲み比べセットやお酒を使ったソフトクリームなどが味わえる。個人的には、器や雑貨のスペースが気に入った。

福光や

 

しかしお土産に買って帰ったのは加賀鳶ではなくて「農口」。都内にある日本酒を出すお店の方からこのお酒のことをうかがっていて、金沢に行ったらぜひ買って帰ろうと思っていたのだ。

農口尚彦さんという伝説の能登杜氏さんが、一度引退したのを撤回してカムバック、新たに共同で酒蔵を立ち上げて作ったお酒だという。

私が購入したのは近江町市場の酒屋さん「酒の大沢」。農口酒造のお酒はいくつか種類があって、中には720mlが1万円以上するものも! そんなのは買えないので、2000円ちょいの「愛山米使用 山廃純米吟醸 無濾過生原酒」を購入。

IMG_1327味も香りもしっかり、とにかく濃厚! これだけで飲んでおいしい。「旨いお酒」ってこういう味を言うんだなと感じた。あまりに旨味が濃いので、続けて飲んだお酒が物足りなく思えたほど。

その農口酒造、肝心の農口さんが再び引退されるというニュースを見て、どうなるのかと思っていたのだけど、今農口酒造のサイトを見たら、そのお知らせが消えていた。引退の話はどうなったのだろう?

ともかく、まだオンラインショップで売っているうちに別のお酒も飲んでみたい。

 

金沢 ごはん編

金沢と言えばお寿司。今回は、いろんな人から評判を聞いていた「乙女寿司」を早くに予約していた。お寿司は一刻も早く食べたいので写真はなし。

キラキラ光るのどぐろの炙りも、青い卵を抱えたエビも、どれもこれも本当においしかった! 能登のお酒「宗玄」の隧道蔵(トンネル)貯蔵酒や、菊姫のひやおろしなど、地元のお酒をいろいろ出していただけたのも良かった。

 

もう1晩は予約をしておらず、目星をつけていた居酒屋がことごとく満席だったので、21世紀美術館の図書室で地元雑誌を物色。そのうちの1つ「ロスタル」になんとか入れたのだけど、これが大当たり!

フレンチのお店だと思うのだけど、ワインバーのような気軽さもある。初めてのお店って緊張するものだけど、フレンドリーなソムリエさんのおかげでリラックスできた。ワイン数杯を料理に合わせて出してくれるペアリングコースがあるのも良い。

ラス2_Fotor_Collage

最初に自家製ハムを食べた時点でよっしゃ〜と思ったのだけど、メインの鹿肉も、自家製シャルキュトリー盛り合わせも、どれも文句なしの味。

お料理をしているのは女性1人! 獅子奮迅の活躍で「すごいねえ」と感心していたのだけど、後でお話ししたらソムリエさんとご夫婦だそうな。シェフ自ら狩猟に出かけたりもするそうで、さらにびっくり。

我々が最後だったので、お二人といろいろお話もできて、とても楽しい時間を過ごせた。近くにあったらなあ…。

 

朝ごはんを食べた「ひらみぱん」もかわいくて良いお店だった。

ひらみ外_Fotor_Collage

写真は「クロックマダムセット」。ほかにもモーニングが数種類あった。カップの下に四つ葉のクローバーが隠れていて、朝からうれしい気分に。

建物もレトロで素敵。気軽な感じのお店で、お茶にも夜ご飯にも良さそうだった。自家製パンや焼菓子もおいしそうで買って帰りたかったけど、翌日の移動を考えてがまん。

金沢21世紀美術館

金沢に行ったら寄らずには帰れない、金沢21世紀美術館

gaikan

にわ親子

美術館ながら市民の憩いの場所になっているイメージだったのだけれど、連休に入ると人で人で大にぎわい。すっかり金沢の一大観光スポットに。

夫も行きたいというので土曜に行くことに。朝のうちに無料ゾーンをさらっと見て、チケットだけ買っておき、企画展はなるべく空いていそうな午後5時以降に再訪。金曜・土曜は午後8時まで開いているので。

pu-ru_Fotor_Collage

ちょうど企画展「ザ・コンテンポラリー2 誰が世界を翻訳するのか」と、「ザ・コンテンポラリー3 Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」が始まったばかりだった。

どちらもあまり一般向けとはいいがたい内容だと思うのだけど、シルバーウィークであろうと容赦なくぶつけてくるのがすごい。

「Ghost in the Cell」は初音ミクに遺伝子と細胞を与えて心臓を作ったとかいうもので、私はあまり好きになれなかったが、「誰が世界を翻訳するのか」は見応えがあった。

写真撮影がOKな展示もたくさん。

tenji1

これはペドロ・レジェスというメキシコの作家の《人々の国際連合》。

tenji

これはインドの作家・シルパ・グプタの《無題(ここに境界はない)》。

印象に残ったのは、邱 志杰(チウ・ジージエ)の作品群。視覚的にもクールだし、メッセージも1つ1つきちんと読むと面白かった。人が全くいないヨルダンの砂漠地帯の遺跡を空撮した、ジャナーン・アル=アーニの映像作品《シャドウ・サイト2》も衝撃的だった。

でも一番強烈だったのは、アルトゥル・ジミェフスキ(Artur Żmijewski)の映像作品《彼ら(THEM)》。

思想によって分けられたポーランド人のグループが、まずそれぞれの団体を象徴する絵を描き、その後別のグループの絵に互いに手を加え合うというワークショップを記録したもの。

最初は普通の善良そうな青年やおっとりしたおばちゃんたちに見えたのに、誰かが過激な行為をし始めると、それに便乗したり報復したりしてどんどんヒートアップしていき、最後にはもう手のつけられない状態に。戦争が起こる縮図を見ているようで、震えるほど恐ろしかった。

25分以上ある作品なのであまり最初から最後まで観る人がいなかったのだけど、我々はこの作品にすっかり打ちのめされて、美術館を後にしたのだった…。

yoru

 

 

 

鈴木大拙館

谷口吉生建築を目当てに、「鈴木大拙館」へ。

IMG_0973

本当に素晴らしい空間で、住みたくなってしまった。

IMG_0977

「思索空間棟」。風が抜ける中、水鏡と緑を眺めながら座っていると、時間が経つのを忘れる。

IMG_0975

あまりにかっこいいので、つい写真を撮りまくってしまう。思索すべき空間なのにすみません…

isi_Fotor_Collage

展示物の数は少ない。このときは企画展「大拙と柳宗悦」が開催されていたのだが、知らないことがいろいろわかって、興味深いところもあった。

また金沢に行ったらゆっくり訪れてみたい。

金沢旅 序

もうずいぶん時間が経ってしまったのだけど、ぼちぼち記録しておこうと思う。

さいかわ桜橋からの犀川の眺め。関西にいたころは近かったので、金沢には何度も訪れているけれど、広範囲を歩いて回ったのは今回が始めて。街と街との位置関係がだいぶ把握できて、思ってたよりこじんまりした都市なんだなとわかった。

訪れたのはシルバーウィークの少し前から。ホテルが全然取れなくて、連休だからかなーと思っていたら、新幹線もすごかった!

連休に入ると金沢中が人でいっぱい。21世紀美術館もひがし茶屋街も大混雑。行かなかったけど、兼六園も行列ができてたらしい。金沢駅はロッカーが足りなくて、駅地下の広場が臨時の荷物預かり所になっていた。

どうしても行きたいお寿司屋さんだけは数カ月前に予約しておいたので、あとは着いてから電話すればいいや、と思っていたのだが、レストランにいくら電話しても空いてなくて、焦った。

やはり北陸新幹線が開通してから、ずいぶん人が増えたそうな。金沢の人たちも口をそろえて「キャパオーバーです」とおっしゃっていた。ホテルも高騰しているらしい。

その北陸新幹線だけど、一度乗ったらもういいかな…と私は思った。横浜からだと遠回りだし。

もう少ししたら落ち着いた金沢に戻るだろうか。

IMG_0990_Fotor_Collage

(尾山神社。「あ」のお獅子がすごい形相で、つい写真に収めてしまった)

金沢・輪島旅

もうすぐ金沢・輪島旅行。金沢は、関西にいたころはちょくちょく行っていたけれど、ずいぶん久しぶり。輪島へは初めてなので、とても楽しみ。

いつも旅行が決まったら、いろいろな本や雑誌、ネットで情報収集。今回買ったのはこの3冊。

IMG_0962

農文協の「聞き書」シリーズは、大正の終わりから昭和の始めにかけての各地の食生活を現地の主婦に取材して聞き書きしたもの。季節ごとの行事やそのときに食べる料理、特産の食材、うつわなどが地域ごとにまとめてあって、食を通してその土地の暮らしがわかってとても面白い。このシリーズのことは最近知ったのだけれど、各都道府県別に出ているようだから、これから旅をするごとに少しずつ集めていこうと思う。

あとは輪島で漆器を入手したいなと思って、漆器の入門書と、おしゃれ金沢ガイド。身軽に出かけられるよう、気になるお店はどんどんEvernoteなどに保存しておかないと。

北陸新幹線も初めて。しかし横浜からだと新幹線は微妙に不便…。