Category Archives: Japanese Sweets

京都 2016夏

帰省のついでに京都へ。今回のメインイベントは「草喰 なかひがし」!

img_2046

たぶん10年近くぶり。なかなか予約取れないイメージだけど、1ヶ月前を過ぎても大丈夫だった。

聞いたこともない野菜がたくさん。鯉や鴨、鰻もおいしかった!

collage_fotor collage_fotor1

銀彩のお椀がとてもスタイリッシュで印象に残った。中には鮎が泳いでた。

支払い時にカードは使えないので注意…

いつもの「京天神 野口」さんへも。

collage_fotor3

全部おいしかったー。ガラスのお皿がきれいでしげしげ見てたら「世界に13枚しかない古いベネチアングラスやで!」とのこと。お椀は鶏のおだしに松茸という変わり種。

あとはとにかく暑かったので、氷も。

collage_fotor4

「二條若狭屋 寺町店」のバジルとライムの氷と、パイナップルの氷。さっぱりフレッシュ。

午前中に行くと比較的人も少ない。

img_2037

お昼にはお蕎麦を。「かね井」は以前荒挽きそばを食べたときは何も思わなかったけど、今回ざるそばを食べたらとてもおいしかった。お酒も珍しいものがちょこちょこあった。

宿泊は、一度泊まってみたかった「アートホステル クマグスク」。

collage_fotor5

展覧会の中に宿泊できるというもの。訪れた時は藤本由紀夫さんの「THE BOX OF MEMORY」展だった。各部屋や廊下にも展示があって面白かった。かわいいおかみさんが丁寧に手作りされる朝ごはんもすごくおいしかった!

でも我々はバス・トイレ共同というのがしんどいので、宿泊はもうしないかな…。見学もできるようだったし。

img_2038

話題の「Kaikado Cafe」にも行ってみた。素敵な空間。あのあたりはあまりお店もないし、その意味でも貴重だと思う。

img_2036

北野天満宮さんへもお参りに。大福梅の土用干しが見られて嬉しかった。7月から4週間かけてカラカラになるまで干すとのこと。

あとはいつもの骨董店「尾杉商店」で漆のお皿を買ったり。しかし横浜や都内と比べて関西はあまりに暑くてびっくり。今年は関東は比較的涼しかったからかな…。もっと器も見に行きたかったけど、暑さで行動力が落ち、行きたい気分になれず残念。去年も「もう8月に京都に行くのはやめよう」と思ったはずなのに。でもまた行くんだろうな。

出町ふたば「栗餅」

いつも大行列の「出町ふたば」。

豆餅だけは京都のデパートにも置いてあるし、最近は京都駅の新幹線構内でも販売しているのを見かける。

でもやっぱり本店で並んで買うのがいい! 並ぶのは大嫌いだけど、ここの行列はお店の人たちのてきぱきとした対応でどんどんはけていくし、ショーケースのお菓子や達筆な張り紙を見ていると並ぶのもさほど苦にならない。

豆餅ももちろん大好きだけど、秋の楽しみがこの「栗餅」。栗の季節だけの限定品だ。

栗餅

大福餅なのだけれど、中にはとっても大きな丹波栗がまるごとひとつ!

店頭の張り紙には、「丹波直送 新生栗でつくりました」とあった。

生栗だからか、噛み心地柔らかでほっくりとしていて、甘露煮とは違う自然な甘さ。とてもぜいたくな気持ちになれるおまんじゅう。

ふたば餅

初めて買ってみた、「福豆大福」(左)と「黒豆大福」。

福豆大福は、丹波白大豆と、鳴門金時の芋餡の大福。

黒豆大福は、丹波黒豆のしっかりしたかみごたえが新鮮。

どの大福も、つきたてのきめ細やかで柔らかなお餅が本当においしい! 餅があまり好きではない私もここのは大好き。

お店の人の対応も丁寧で気持ちよく買い物ができる。以前仕事でお話を伺ったときもとてもよくして頂いて、ますますファンになった。

また京都に行ったときに立ち寄れるといいな。