Category Archives: Goods

盛岡 おみやげ編

盛岡へ寄った目的の1つは「釜定」の組鍋。すっきりモダンなデザインで、すき焼きにもぴったりなのでほしくなったのだが、オンラインショップは入荷未定というところも多かった。お店ではすぐ買えるというウワサを聞いて、この機会に行ってみようと思ったのだ。

IMG_0136

実際、お店を訪ねるとすぐに出していただけた。重かったけど、帰宅日に合わせて三田から猪肉を取り寄せていたので、がんばって持って帰ることに。家に帰ったらさっそくお店で教わったとおり鍋ならしをして、牡丹鍋に。(よく考えたら土鍋で事足りたが)

IMG_2360 (1)

組鍋がいいなと思ったのは、お肉などをコンロで焼いて、表面に焼き目がついたら鍋ごとオーブンに入れられるところ。肉のローストやハンバーグなど、オーブン調理の肉料理はこのパターンが多いので重宝。

IMG_0133

もう1つのお目当ては「光原社」。ずっと前から行ってみたかったお店。全国の民藝の器や家具が並ぶお店で、歴史を感じさせる風格ある建物や、店員さんの制服が素敵だった。

喫茶室の「可否館」やお向かいの「モーリオ」にも訪れた。名物のくるみクッキーをおみやげに。ちなみに組鍋はモーリオでも販売されていた。

IMG_0079

IMG_0077

海外の民芸品やアクセサリーを扱う光原社の「カンパネラ」でみつけた、インドの鳥のブローチ。盛岡でインド製のものを買うのも不思議な気がしたけど、お手頃でかわいかったので…。IMG_0066

優しい表情のペルーのアルパカの人形と、白目をむいてる遊牧民の少年の指人形も。

IMG_0068

地酒もぜひ買って帰りたいと思い、ネットで調べたところ、カフェ「carta」の近くに「ワインとチーズの店 よしだ屋」というよさげなお店を発見。訪れてみると、地元産のワインやビールがたくさんそろっていて大当たり。

IMG_0073

岩手「高橋葡萄園」のミュラートゥルガウとリースリング・リオンを購入(まだ飲んでない)。このほかベアレンの地ビールなども買い込んでホクホク。買ったお酒は配送していただけたし、遠方からの注文も受けてくださるらしい。

短い滞在だったけどとても楽しかった盛岡。今度は春か夏に訪れて、ぐるぐる歩いて回りたいな。

仁城義勝さんの小鉢

鍋料理の取り皿として、この冬とても重宝した仁城義勝さんの漆の小鉢。小田原の「菜の花 暮らしの道具店」で購入したもの。「菜の花」は、年数回の箱根のお仕事のたびに必ず立ち寄る大好きなお店。

IMG_0071

鍋用の取り皿、当初は土もので探していた。お店中を何周かしたのだけれどコレというものがなく、お店の方に相談したところ「漆器はいかがですか」とお勧めしていただいたのだ。折しもこの日は仁城さんと息子の逸景さんの企画展が始まったばかり。たくさんの漆器が並んでいたが、2つ必要なので予算オーバーだなーと思っていた。

でも、木だから持つ手に熱が伝わりにくいこと、鍋物だけではなく汁椀や小鉢として毎日のように使えることなど、お店の方のお話を伺ううちに、だんだんほしくなり…。何よりこのすっとした直線的な形のモダンさに惹かれ、購入を決めた。

仁城さんは岡山の漆作家さん。木の器を作るところから漆を塗るところまでおひとりでされている。漆器は分業制をとっていることが多いので、このスタイルは珍しいのだそう。

IMG_0054

実際、使い心地もとても気に入っている。お味噌汁などにはやや浅すぎるけど、鍋物にはこの浅さがちょうどいい。そして軽くて、熱くならないから持ちやすい! 鍋物には分厚い土ものというイメージがあったけど、木の器の方が使い勝手がいいなと実感。木肌の見える仕上げもどこかカジュアルで、気負わず使える。

IMG_0061

肉団子はおいしいスープが出るのがいい。これはウー・ウェンさんのレシピで、豚肉団子の鍋。豚肉団子を焼き付けてから鍋仕立てにするもの。粒マスタードを水で溶いてごま油を混ぜたものをかけて食べる。このタレ、そのままで味見したら全然おいしくないのに、この鍋に加えるととてもおいしい。どうしてこんなの思いつくのかしら…。

ぼちぼち鍋のシーズンも終わり。暖かくなったら、どんな料理に使おうかな。

 

 

家で使うスパイスと、マイクロプレイン

自由が丘の雑貨屋さんで、パッケージに惹かれてつい買ってしまったスパイス。

スパイス

クミンはまだストックがあるし…と思って一度は諦めたのだけど、1カ月後に見てもまだほしかったから、ついに購入。かわいいだけじゃなくてオーガニックだし…と自分に言い訳しつつ。

クミンシードはわが家では必須のスパイス。カレーだけではなく野菜料理によく使う。一番良く作るのが人参のグラッセ。乱切りにした人参を、塩少々と大さじ3くらいの水、オリーブオイルとともに厚手の鍋に入れ、蓋をしてごくごく弱火でじっくり火を通す。仕上げにクミンをぱらぱら。クミンは人参との相性がとても良いので、人参のサラダに加えてもおいしい。

あとは太めに切った千切りキャベツを塩揉みして水気をしぼり、クミン、塩こしょう、白ワインヴィネガー、オリーブオイルと合えたサラダも美味。キュウリの塩揉みを無糖ヨーグルトとクミンで和えたギリシャ風サラダも付け合わせに良い。

牛、豚、鶏のほかラムなど肉のソテーにも非常に合うし、何より味の印象ががらりと変わる。こんな調子で使いまくるので、ひと瓶すぐにカラになってしまう。

 

もう1つのわが家で欠かせないスパイスは、ホールのナツメグ。ナツメグは、ホールとパウダーとは全く別もの。一度ホールを使うともうパウダーには戻れない。

京都ではいくつか売っているお店があったんだけど、横浜に来てからデパートや輸入食料品店などをかなり探し回ってもパウダーしか売ってなかったので、もう諦めてネットで購入している。右は藤沢に行ったとき、磯淵猛さんの紅茶専門店「ディンブラ」で見つけて買った殻付きのもの。

ナツメグ

何に使うかというとホワイトソースの料理やハンバーグなど挽肉料理。一番よく使うのはグラタン・ドーフィノワ(芋グラタン)。皮をむいたメークインを薄切りにして、生のままグラタン皿にうろこ状に並べ、塩こしょうをしてナツメグを削り、牛乳・生クリーム(2:1で100ccほど)を注ぎ、チーズをかけて190度のオーブンで30分ほど火を通す。

牛乳で芋を煮てから焼くレシピもあるけど面倒なので生のままオーブンで調理している。だからぐつぐつ煮立ってからかなりしっかり火を入れないといけないのだと最近になって気がついた…。グラタン皿にニンニクの断面をこすりつけておくという工程もあって、律儀にそうしていたけど、実は忘れてもあまり違いがよくわからない。

しかしグラタン・ドーフィノワにナツメグを削って入れると入れないとでは大違い! すごく大人っぽい、手をかけたような味になる(滅茶苦茶かんたんなのに)。でも使う量はほんの少しだけ。調子に乗って入れすぎるとおいしくなくなってしまう。

あわせて必要なのがマイクロプレインのゼスターグレーター。

glator

かれこれ7〜8年ほど前、「京都ネーゼ」というイタリアンのシェフに分けて頂いて以来、手放せなくなったもの(当時はあまり売ってなかった)。まずチーズが驚くほどふわっふわにおろせるし、レモン・柚子など柑橘類の皮やショウガもほしい分だけおろせるし、ナツメグなどのスパイスやチョコレートもおろせる。しかも普通のおろし金と異なり、洗うのがとっても簡単! ステンレスなので匂いもつきにくい。わが家ではないと困る台所道具だ。

ジュゼッペ・ジュスティのバルサミコ

先日また箱根に行った帰り、小田原駅地下に面白いグロッサリーストアができているのを発見。そこで見つけた、ジュゼッペ・ジュスティ(GIUSEPPE GIUSTI)の白バルサミコ。

IMG_0879

バルサミコ酢が大好きで、サラダに使う酸味はほとんどレモンかバルサミコ酢。色の薄い料理に使える白バルサミコもほしいなと思っていたんだけど、使用頻度を考えると高価で手が出せなかった。でもこれは1600円くらい。しかも信頼しているジュゼッペ・ジュスティ!

よく見ると原材料は「ぶどう果汁、醸造酢」だった。ときどき見かけて高いなーと思っていたマルピーギ社のは葡萄果汁だけで作られているらしいから、価格の差はそのあたりにあるのかも。でもこの白バルサミコも、かぐわしくて、ほんのり甘くて、とっても美味!

IMG_0880

バルサミコ酢はもうずっとこのジュゼッペ・ジュスティの銀ラベル。これを使うと、とてもほかのを使う気になれない。お店でバルサミコ酢をいろいろ見比べてみると、香料やカラメルなどを添加してあるものが多いけど、この原材料は「ぶどう(トレッビアーノ種)」オンリー。酸味が柔らかくてとろりとしているから、ふつうのバルサミコ酢なら半量まで煮詰めないといけないようなレシピでも、さほど煮詰めなくてもOK。

価格幅の広いバルサミコ酢。高価な長期熟成品はもちろんおいしいけど、価格を考えると普段使いにはできない。ジュゼッペ・ジュスティでも10年以上熟成したものもあるけど、この1500円ほどの6年熟成でじゅうぶんおいしい。

サラダに使うほか、お肉のソテーや、トマトとバジル炒めの仕上げにさっと絡めたりしても美味。煮込みにはさすがにもったいなくて使えないけど。

京都では藤井大丸地下の「タベルト」で買っていたんだけど、横浜に来てからは売っているお店をみつけられなくて、仕方なくネットで購入していた。漸くリアル店舗を発見したけど、小田原はちょっと遠いなあ。

今回見つけたのは「GENERAL FARM’S」というお店。去年できた小田原駅の地下街「HaRuNe小田原」にあった。イタリア食材やビオワインのほか、地元の食品のセレクトがとても楽しい! サバの生ハムなど地魚を使ったユニークな加工品、手づくりのお豆腐や漬物、ハムなど珍しいものがいっぱいで、おみやげにたくさん買い込んだ。イートインメニューも心魅かれるものがいろいろ。

「HaRuNe小田原」には和菓子の「菜の花」の素敵なカフェや雑貨店もあって、こちらでも散財してしまった。ほかにも面白そうなお店がいろいろあって、半年以上もノーチェックだったのが悔やまれる。またゆっくり訪れたい!

 

古美術「尾杉」

IMG_0794夏の帰省のついでに京都に寄ってきた。

街中で時間があったので、大好きな古美術店「尾杉商店」へ。

骨董品店といえば新門前通や寺町通が多いけど、こちらは御幸町通三条下ルという立地。若者の店も多い場所柄か、比較的手ごろな値段の古い器がそろう。

今回はそれほど手ごろでもない買いものになったけど…

IMG_0845

このお店のいちばんの魅力はご主人。とても優しいおじいちゃんで、商品を見ているとあれこれ丁寧に教えて下さる。これはつい引き込まれて手に取った直径12cmほどのお皿。「面白いですやろ? 大皿の絵柄を小さいお皿に写したもんです」とおじいちゃん。和食の献立のときに、取り皿にしようと購入。

IMG_0835

「裏側にも柄があるさかい、よう見比べて好きなんを選んでくれはったら」と、座敷に5枚並べてくださった。こういう小皿は5枚セットでないと売ってもらえないことも多いのだけど、1枚ずつ売って下さるのが現代人の私にはありがたい。セットでそろってないとあとあと価値が落ちるのもわかるけど…

IMG_0840

この伊万里も同じくらいの大きさ。私はあまり興味がなかったのだけど、夫が気に入ったもの。

IMG_0842

裏には「富貴長春」と書いてある。おじいちゃんいわく「出来のええお皿によう書いてありますな」(←多分夫はこれに押された)

IMG_0832

冒頭の写真でコンテを盛った珉平。よくある小判型の珉平の豆皿の倍くらいするお値段。綺麗やけどたっかいなーと思って見ていたら、おじいちゃんが「その形は珍しいんですわ」。なるほど。

形より色とこのお花の柄が気に入って、でも高いしどうしよう…と考えていたら、「こんなんにおつまみちょっと盛ったら洒落てますえ。ご主人もお酒がおいしゅうならはりますやろ」とおじいちゃんのアドバイスが。「そうですね! おつまみに!」と購入を決めた。まさか私が一人晩酌に使うとは、おじいちゃんも思っておられなかっただろう…

いつも買物袋に入れてくださるお店の葉書には、「古き良き品々が好きで、多くの生活空間で、お使いいただける品々をと思っております。」とある。「好きで」という部分にきゅんとなる。

おじいちゃん、前回うかがった時より、足腰が弱っておられるようにお見受けした。お体に気をつけて、これからも末長くお店で活躍していただきたいな。

高千穂牧場のバターとヨーグルト

最近気に入っている高千穂牧場の発酵バター。とっても香りが良くて、上品な味わいの色白さん。さわやかで変なしつこさがないから、パンがすごくおいしくなる。

バター

あまり店頭で見かけないので、cuocaや楽天で450gの無塩のタイプを買っている。届いたらすぐ、1週間ほどで食べきれる大きさに小分けしてラップで包み、密閉袋に入れて冷凍。こうすれば数カ月ほどは大丈夫。

高千穂牧場のサイトを見ると、「生乳の受け入れ当日に使用して作られた、新鮮なバター」とある。それであんなにフレッシュな味なんだ。

近所のスーパーで高千穂牧場のヨーグルトも見かけたので買ってみたら、これもおいしかった!

ヨーグルト

とにかく香りが良い。食べ終えた容器を洗っている間も良い香りがするくらい。濃いむっとするような香りではなく、さわやかでエレガントな香り。

コンフィチュールを添えるほか、水切りヨーグルトにすると贅沢なデザートに。あまり売っているところがないのが残念。

宮崎県にあるという高千穂牧場。宮崎と言えば口蹄疫で大変だったところだ。大好きだった水牛のモッツァレラを作る国内唯一のカゼイフィーチョも、口蹄疫問題で廃業を余儀なくされてしまった。高千穂牧場もきっと被害を受けたはず。今、こんなにおいしい製品を、こんなに遠い場所でも味わえることに感謝したい。

またそのうち宮崎にも行きたいなあ…。

 

Sghr「フィフティーズカラー ロック」

暖かくなってグラスの出番が増えてきたのに、わが家の日常使いのグラスは1つしかない状態。

ずいぶん前に割ってしまったのだが、これというものがなくて買わないままだった。

そんなある日、自由が丘の雑貨店で発見。

スガハラの「フィフティーズカラー」。形は「ロック」。

全部

透明感あるはかなげな色にひとめぼれ。ごく薄手で、繊細な風情。

その日は後に仕事があったので、後日スガハラのネットショップで購入。

ハンドメイドだというのに、1400円という価格もありがたい。

 

直営ネットショップだけあって色も形も豊富で迷ったのだが、実際に見て気に入った「カーボンブラック」と「ワインレッド」にした。

色の名前だけ聞くと濃いように思えるけど、水に墨をほんの1滴落としたような繊細な色づき。

コップ上

コップ上2

上から見たときの、色のグラデーションも好き。

スタッキング

あまりよくないのかもしれないけど、スタッキングして収納している。棚から取り出すとき、重なった色の具合がきれいではっとすることも。

割ってしまわないように、毎回洗ったらすぐに拭いてしまうようにしている。

比較2 比較1

これまでイッタラの「Kartio」を使っていて(割ったのもそれ)、店頭で見たとき「似ているかなー」と思ったので比較してみた。

形もだけれど、いちばん違うのはやっぱりガラスの厚さ。スガハラのはごくごく薄手なのです。

口あたりがよくてお水がおいしい。

あまり気を使わず扱えるKartioも良いのですが。

sghr1

使うたびに「好きだなあ」と感じて、うれしくなるグラス。