Author Archives: miyo

盛岡 おみやげ編

盛岡へ寄った目的の1つは「釜定」の組鍋。すっきりモダンなデザインで、すき焼きにもぴったりなのでほしくなったのだが、オンラインショップは入荷未定というところも多かった。お店ではすぐ買えるというウワサを聞いて、この機会に行ってみようと思ったのだ。

IMG_0136

実際、お店を訪ねるとすぐに出していただけた。重かったけど、帰宅日に合わせて三田から猪肉を取り寄せていたので、がんばって持って帰ることに。家に帰ったらさっそくお店で教わったとおり鍋ならしをして、牡丹鍋に。(よく考えたら土鍋で事足りたが)

IMG_2360 (1)

組鍋がいいなと思ったのは、お肉などをコンロで焼いて、表面に焼き目がついたら鍋ごとオーブンに入れられるところ。肉のローストやハンバーグなど、オーブン調理の肉料理はこのパターンが多いので重宝。

IMG_0133

もう1つのお目当ては「光原社」。ずっと前から行ってみたかったお店。全国の民藝の器や家具が並ぶお店で、歴史を感じさせる風格ある建物や、店員さんの制服が素敵だった。

喫茶室の「可否館」やお向かいの「モーリオ」にも訪れた。名物のくるみクッキーをおみやげに。ちなみに組鍋はモーリオでも販売されていた。

IMG_0079

IMG_0077

海外の民芸品やアクセサリーを扱う光原社の「カンパネラ」でみつけた、インドの鳥のブローチ。盛岡でインド製のものを買うのも不思議な気がしたけど、お手頃でかわいかったので…。IMG_0066

優しい表情のペルーのアルパカの人形と、白目をむいてる遊牧民の少年の指人形も。

IMG_0068

地酒もぜひ買って帰りたいと思い、ネットで調べたところ、カフェ「carta」の近くに「ワインとチーズの店 よしだ屋」というよさげなお店を発見。訪れてみると、地元産のワインやビールがたくさんそろっていて大当たり。

IMG_0073

岩手「高橋葡萄園」のミュラートゥルガウとリースリング・リオンを購入(まだ飲んでない)。このほかベアレンの地ビールなども買い込んでホクホク。買ったお酒は配送していただけたし、遠方からの注文も受けてくださるらしい。

短い滞在だったけどとても楽しかった盛岡。今度は春か夏に訪れて、ぐるぐる歩いて回りたいな。

盛岡 カフェなど

素敵なカフェがたくさんあった盛岡。盛岡は喫茶店文化が発達しているそう。

まずは名前が詩的な「六月の鹿」へ。

IMG_2353 (1).jpg

小さなお店だけれど、置いてある雑誌なども含めとてもセンスがよく、静かで落ち着ける。コーヒーもスコーンもとてもおいしかった。

IMG_2355 (1)

『行ってみたいトコロ盛岡』で見た「carta」ではランチを。古い建物を作り変えた空間はとても静かで、外とは別世界のよう。IMG_2373 (1)

湯気で曇った窓の向こうにもみの木が見えて、子供のころ読んだ雪国の物語の中にいるような気分に。

大きな漆のお椀で出されるスープも、丸パンのサンドイッチも、人参サラダも全部おいしかった。ちゃんと手をかけて作られたことがわかる。お店の人も感じよくて長居してしまった。

朝は国産小麦と自家製酵母のパン屋さん「穀」へ。おいしそうなパンがいっぱいで、自然食品や雑貨も置いてある。黒豆のフムスのサンドイッチをイートイン。このフムスがめちゃくちゃおいしい!

IMG_2368 (1)

盛岡といえば麺も。駅から近い「盛楼閣」で焼肉と冷麺を。冷麺の麺はとてもモチモチしこしこでおいしかったけど、スープや焼肉のタレは化学調味料の味が強くてちょっと困った。

IMG_2367 (1)

あとは帰り際に、駅ビルの中にある「ベアレン醸造所」のビアパブで1杯。新幹線の待ち時間においしい地ビールが飲めるのはうれしい。

もう1件行ってみたかったのは「The bar 佐藤」。でもホテルから遠かったし、あまりに寒かったので断念。

買ったものなどは続きで。

 

 

 

厳寒の盛岡へ

1月下旬、お仕事で東北へ行ったので、かねてより訪れてみたかった盛岡で1泊した。

IMG_2366

とにかく寒い! 地元の方はこの冬は雪が少ないとおっしゃっていたが、寒さはやっぱり段違い。コンパクトな街なので歩く旅によさそうだったが、寒さに凍えつつ雪で滑らないよう下を向いて歩いているとなんだか悲しくなってきて、長くは歩けなかった。ゆっくりお風呂で体を温めたかったのに、一人だからと激安ビジネスホテルにしたのでそれもできず。これまで温泉でもないホテルの大浴場は別にいらないと思っていたけど、冬の北国には不可欠だと思い知った。今度は暖かい季節に訪れたいな。

今回街を巡るのにとてもありがたかったのが『行ってみたいトコロ盛岡』。外でスマホの電池がなくなってしまい(寒さのあまりかどんどん電池が減る)、途方に暮れていたときに偶然行き当たった「さわや書店」でみつけた。

IMG_2766

神楽坂の雑貨店「jokogumo」ご店主の小池梨江さんによる盛岡案内(文章も写真もお一人で手がけられている!)。コンパクトで持ち歩きやすいし、なによりカフェや雑貨店など紹介されている内容がとても好みだった。

盛岡は古い建物がいろいろ。これは「岩手銀行赤レンガ館(旧盛岡銀行本店)」。

IMG_2364

中の一部は無料で見学できる。建築は東京駅を設計した辰野・葛西建築設計事務所。京都文化博物館とも似てるなーと思ったら、やはり同じ辰野金吾によるものらしい。

Collage_Fotor

こちらは「岩手県公会堂」。

IMG_2376 (1)

訪れたお店はまたのちほど。

仁城義勝さんの小鉢

鍋料理の取り皿として、この冬とても重宝した仁城義勝さんの漆の小鉢。小田原の「菜の花 暮らしの道具店」で購入したもの。「菜の花」は、年数回の箱根のお仕事のたびに必ず立ち寄る大好きなお店。

IMG_0071

鍋用の取り皿、当初は土もので探していた。お店中を何周かしたのだけれどコレというものがなく、お店の方に相談したところ「漆器はいかがですか」とお勧めしていただいたのだ。折しもこの日は仁城さんと息子の逸景さんの企画展が始まったばかり。たくさんの漆器が並んでいたが、2つ必要なので予算オーバーだなーと思っていた。

でも、木だから持つ手に熱が伝わりにくいこと、鍋物だけではなく汁椀や小鉢として毎日のように使えることなど、お店の方のお話を伺ううちに、だんだんほしくなり…。何よりこのすっとした直線的な形のモダンさに惹かれ、購入を決めた。

仁城さんは岡山の漆作家さん。木の器を作るところから漆を塗るところまでおひとりでされている。漆器は分業制をとっていることが多いので、このスタイルは珍しいのだそう。

IMG_0054

実際、使い心地もとても気に入っている。お味噌汁などにはやや浅すぎるけど、鍋物にはこの浅さがちょうどいい。そして軽くて、熱くならないから持ちやすい! 鍋物には分厚い土ものというイメージがあったけど、木の器の方が使い勝手がいいなと実感。木肌の見える仕上げもどこかカジュアルで、気負わず使える。

IMG_0061

肉団子はおいしいスープが出るのがいい。これはウー・ウェンさんのレシピで、豚肉団子の鍋。豚肉団子を焼き付けてから鍋仕立てにするもの。粒マスタードを水で溶いてごま油を混ぜたものをかけて食べる。このタレ、そのままで味見したら全然おいしくないのに、この鍋に加えるととてもおいしい。どうしてこんなの思いつくのかしら…。

ぼちぼち鍋のシーズンも終わり。暖かくなったら、どんな料理に使おうかな。

 

 

ecomo Bakery

京都から横浜に引っ越して家探しをするとき、立地条件や築年数といった通常の条件以外にも、いくつか「こうだったらいいな」という希望があった。その1つが「おいしいパン屋さんが近くにあること」。でも横浜には思ったよりパン屋さんは多くなくて、その希望は叶わなかった。好きだと思えるパン屋さんも私の行動範囲ではみつからず、都内に出るたびにパンを買いだめする日々だった。それがここ1年で大きく変わった。比較的出やすい場所に、すごくいいパン屋さんが2つもできたのである。中でも今いちばんのお気に入りが「ecomo Bakery 」。

img_0003

国産有機小麦などオーガニック原料を中心としたパンのお店なのだが、とにかくもっちもちで、小麦の味がしっかりして、何を食べてもおいしい。これはルヴァンというバゲット。実際はこの倍くらいの長さ。

img_0007

いちばん好きな「Kakukaku」。食パンがあまり好きではない私だけど、これは毎回必ず購入する。尋常ならざるもちもち感! トーストして食べると、香ばしい小麦の香りが広がって、何度食べても「おいしいなあ」とつぶやいてしまう。

img_2069

イートインするときに必ずオーダーするのはサンドイッチ。オーダーごとに作ってくださるので、いつもできたてのフレッシュ感が味わえる。パンはkakukaku。みずみずしくもっちりしていて焼かずに食べても美味。コーヒーはオーガニックのものを1杯ずつひいていれてくださる。

img_0010

これは「有機栽培ホクシンのクープのないバゲット」。しっとりもっちりさせるためにあえてクープを入れずに作っておられるのだそう。ひきのある生地をシンプルに堪能できる。

「有機クルミのカンパーニュ」や「マスカットレーズンのカンパーニュ」は具材の味も濃くて、また違ったおいしさを楽しめる。

img_0006

「有機抹茶の粒あんぱん」など菓子パンも美味。このスイートポテトは、ちょっとびっくりするお値段だったのだけど(精算後に気づいた…)、フィリングはもちろんパイ生地までしっかりおいしくて、価格にも納得。

ケーキやデリもあるのだけれど、パンがおいしすぎて、まだそのあたりは未踏の領域。モーニングもあるみたいなので、いつか早起きして行ってみたいな。

もう1つのおいしいパン屋さんはまたそのうち…。

オ・プティ・マタンのモンブラン

横浜市金沢区にあるおいしいケーキ屋さん「オ・プティ・マタン」。秋になり、栗が出回るころになると、モンブランが登場する。これ以上おいしい和栗のモンブランを、私はほかに知らない。

%e3%83%a9%e3%83%95

栗のペーストにフレッシュな生クリーム、メレンゲというシンプルな構成。「2時間以内に食べてください」と書いてあるのはメレンゲが湿気っちゃうからかなーと思っていた。でも今回イートインしてみて納得。できたては栗のフレッシュ感が全く違う! ほっくりした新鮮な栗ペーストが口中でほどけ、栗の香りが口いっぱいに広がって、ひとくち食べるごとに目を細めてしまう。これまで持ち帰って食べていたけど、もうこれからは絶対にイートインすると決心した。

モンブランは栗の季節だけだからもうそろそろ終わりだけど、ほかのケーキも文句なくおいしい。

サクッと軽やかなココナッツ風味のメレンゲ菓子「コクリコ」も、訪れると必ず買って帰るお気に入り。ヒヨコのかたちもかわいい。モンブランにもメレンゲが使われているが、このお店のメレンゲは本当においしい。メレンゲに定評のあった今はなき名店「ア・ポワン」で修業されたからだろうか。

大きな栗がごろっと一粒入った「フィナンシェ・マロン」も美味。

あとは今回初めてキャラメルペーストも購入してみた。牛乳型のびんがかわいくてつい買ってしまったのだけど、もちろん味も言うことなし。ヨーグルトにかけたりして堪能した。

私にとっては横浜で最も好きで信頼しているケーキ屋さんの1つ。アクセスが難点だけど、また時間があるときに訪れたい。

 

 

松本

松本で食べたおいしいものを絵日記にしてみた。

%e6%9d%be%e6%9c%ac_0003

松本では、なにはなくともお蕎麦。着いてすぐに行った「佐々木」、翌昼には「野麦」、最終日にもエキナカの立ち食い蕎麦と、お蕎麦ざんまい。「野麦」がいちばん好きだったな。いろいろなメニューがあるお店より、ストイックにお蕎麦だけでやっているお店が好きだということを自覚した。

中町通りを歩いていると、クラフトビールのタップルームを発見。「松本ブルワリー」というまだ新しいクラフトビールのお店だった。今のところは委託醸造だけど、ゆくゆくは自社で醸造もしたいとのこと。「マツモト・トラディショナルビター」が好みだった。

カウンターのお姉さんたちもとてもフレンドリーで、いろいろ松本のことを教えてくださった。松本名物という馬肉が食べたくて注文したら「今は入ってこない」と言われた、という話をしたら、「あ〜、馬肉専門店のご主人が体調崩されてるからですね」とのこと。馬肉のエキスパートみたいなお店で、ここからしか馬肉は仕入れないというお店も多いのだそう。

夜は、行きたい居酒屋さんがいっぱいだったので、鶏鍋のお店へ。とてもおいしかったけど、京都の鶏だというし、松本で食べなくてもよかったかな…。2階のお座敷で仲居さんがお鍋を作ってくださったんだけど、煮立った土鍋や炭火を持って階段を登ってこられるので、心配で仕方なかった。

食事のあとは、タップルームのお姉さんにお勧めしていただいたバー「サイドカー」へ。オーセンティックな大人のバー、という雰囲気。季節の果物を使ったカクテルが名物のようで、「巨峰のサイドカー」「ナイアガラのスパークリング」をいただいた。生の果実を使って丁寧に作られたカクテルは本当においしくて、忘れられない。カクテルはあまり好きじゃないなんて思っていたけど、認識を改めないといけない。ご主人お気に入りのお蕎麦やさんを教えていただいたのに、定休日で行けなくて残念。

松本での宿泊は、以前から泊まってみたかった「松本ホテル花月」で。

img_0091

明治創業の老舗ホテル。ラウンジには民藝家具や古い民藝品がいっぱい。

以前、予約だけして都合が悪くなったことがあるんだけど、今年改装されたせいか、そのときより少し割高になったみたい。

松本ではバスに乗って「松本民芸館」にも行ってみた。

img_0088

緑豊かでとても静かなところ。古い館内を、木立を渡ってきた風が抜けるのが心地いい。

img_0084

上高地から戻ってきた日も少し時間があったので、「松本市美術館」へ。

img_0093

松本出身ということで、草間彌生の作品が外にも。自動販売機まで!

img_0096

訪れたときはちょうど企画展の端境期で残念。でもコレクション展の特集展示「草間彌生 魂のおきどころ」はとてもよかった! 鏡の部屋が特に印象的。

美術館近くの書店&カフェ「栞日」もとても素敵だった。

img_0092

リトルプレスを専門に扱うユニークな本屋さん。海外のZINEも置いてあって、とても興味深かった。スコーンなど焼菓子もとてもおいしそう。

器屋さんや雑貨店もすてきなお店がたくさんあって、本当に楽しい街。ぜひまた訪れたい。