Monthly Archives: March 2017

仁城義勝さんの小鉢

鍋料理の取り皿として、この冬とても重宝した仁城義勝さんの漆の小鉢。小田原の「菜の花 暮らしの道具店」で購入したもの。「菜の花」は、年数回の箱根のお仕事のたびに必ず立ち寄る大好きなお店。

IMG_0071

鍋用の取り皿、当初は土もので探していた。お店中を何周かしたのだけれどコレというものがなく、お店の方に相談したところ「漆器はいかがですか」とお勧めしていただいたのだ。折しもこの日は仁城さんと息子の逸景さんの企画展が始まったばかり。たくさんの漆器が並んでいたが、2つ必要なので予算オーバーだなーと思っていた。

でも、木だから持つ手に熱が伝わりにくいこと、鍋物だけではなく汁椀や小鉢として毎日のように使えることなど、お店の方のお話を伺ううちに、だんだんほしくなり…。何よりこのすっとした直線的な形のモダンさに惹かれ、購入を決めた。

仁城さんは岡山の漆作家さん。木の器を作るところから漆を塗るところまでおひとりでされている。漆器は分業制をとっていることが多いので、このスタイルは珍しいのだそう。

IMG_0054

実際、使い心地もとても気に入っている。お味噌汁などにはやや浅すぎるけど、鍋物にはこの浅さがちょうどいい。そして軽くて、熱くならないから持ちやすい! 鍋物には分厚い土ものというイメージがあったけど、木の器の方が使い勝手がいいなと実感。木肌の見える仕上げもどこかカジュアルで、気負わず使える。

IMG_0061

肉団子はおいしいスープが出るのがいい。これはウー・ウェンさんのレシピで、豚肉団子の鍋。豚肉団子を焼き付けてから鍋仕立てにするもの。粒マスタードを水で溶いてごま油を混ぜたものをかけて食べる。このタレ、そのままで味見したら全然おいしくないのに、この鍋に加えるととてもおいしい。どうしてこんなの思いつくのかしら…。

ぼちぼち鍋のシーズンも終わり。暖かくなったら、どんな料理に使おうかな。

 

 

Advertisements