松本

松本で食べたおいしいものを絵日記にしてみた。

%e6%9d%be%e6%9c%ac_0003

松本では、なにはなくともお蕎麦。着いてすぐに行った「佐々木」、翌昼には「野麦」、最終日にもエキナカの立ち食い蕎麦と、お蕎麦ざんまい。「野麦」がいちばん好きだったな。いろいろなメニューがあるお店より、ストイックにお蕎麦だけでやっているお店が好きだということを自覚した。

中町通りを歩いていると、クラフトビールのタップルームを発見。「松本ブルワリー」というまだ新しいクラフトビールのお店だった。今のところは委託醸造だけど、ゆくゆくは自社で醸造もしたいとのこと。「マツモト・トラディショナルビター」が好みだった。

カウンターのお姉さんたちもとてもフレンドリーで、いろいろ松本のことを教えてくださった。松本名物という馬肉が食べたくて注文したら「今は入ってこない」と言われた、という話をしたら、「あ〜、馬肉専門店のご主人が体調崩されてるからですね」とのこと。馬肉のエキスパートみたいなお店で、ここからしか馬肉は仕入れないというお店も多いのだそう。

夜は、行きたい居酒屋さんがいっぱいだったので、鶏鍋のお店へ。とてもおいしかったけど、京都の鶏だというし、松本で食べなくてもよかったかな…。2階のお座敷で仲居さんがお鍋を作ってくださったんだけど、煮立った土鍋や炭火を持って階段を登ってこられるので、心配で仕方なかった。

食事のあとは、タップルームのお姉さんにお勧めしていただいたバー「サイドカー」へ。オーセンティックな大人のバー、という雰囲気。季節の果物を使ったカクテルが名物のようで、「巨峰のサイドカー」「ナイアガラのスパークリング」をいただいた。生の果実を使って丁寧に作られたカクテルは本当においしくて、忘れられない。カクテルはあまり好きじゃないなんて思っていたけど、認識を改めないといけない。ご主人お気に入りのお蕎麦やさんを教えていただいたのに、定休日で行けなくて残念。

松本での宿泊は、以前から泊まってみたかった「松本ホテル花月」で。

img_0091

明治創業の老舗ホテル。ラウンジには民藝家具や古い民藝品がいっぱい。

以前、予約だけして都合が悪くなったことがあるんだけど、今年改装されたせいか、そのときより少し割高になったみたい。

松本ではバスに乗って「松本民芸館」にも行ってみた。

img_0088

緑豊かでとても静かなところ。古い館内を、木立を渡ってきた風が抜けるのが心地いい。

img_0084

上高地から戻ってきた日も少し時間があったので、「松本市美術館」へ。

img_0093

松本出身ということで、草間彌生の作品が外にも。自動販売機まで!

img_0096

訪れたときはちょうど企画展の端境期で残念。でもコレクション展の特集展示「草間彌生 魂のおきどころ」はとてもよかった! 鏡の部屋が特に印象的。

美術館近くの書店&カフェ「栞日」もとても素敵だった。

img_0092

リトルプレスを専門に扱うユニークな本屋さん。海外のZINEも置いてあって、とても興味深かった。スコーンなど焼菓子もとてもおいしそう。

器屋さんや雑貨店もすてきなお店がたくさんあって、本当に楽しい街。ぜひまた訪れたい。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s