Daily Archives: 2014-12-11

CAVE D’OCCI WINERY(カーブドッチワイナリー)その4

ワイナリーツアーの後は敷地内の「ガーデンレストラン」へ。

restaurant

店内

アミューズ・前菜・スープ・パン・ デザート・コーヒー付きのコース。メインによって値段が異なる。

どっち料理

もちろんここでもワインを飲むよ! 何を飲んだか覚えてないけど。

ドッチ料理

これは前菜。

グラスワインもたくさんあって、カーブドッチでワイン作りを学んで、隣の敷地でワインを作っている「フェルミエ」や「ドメーヌ・ショオ」のワインもリストにある。

「カーブドッチ」の敷地内にはワインショップやレストラン、パン屋さん、スパまであり、1日中いても飽きないと思う。宿泊もできるので、機会があったら、今度はお隣の小さなワイナリーにも訪れてみたい。

あとここを訪れて個人的にうれしかったのが…

IMG_9187猫がたくさんいたところ!

もともと住みついていたり、心ない人によって捨てられたりした野良猫たち。

猫小屋もあると伺って行ってみた。

ねこ小屋

「あっ」

ねこ2

すっごく太ってるね…

ねこ1

「にゃんだよ〜」

皆にかわいがられているからだろう、どの猫ちゃんもとても人懐こくて、たくさん触らせてくれた。

ばら

イングリッシュガーデンもきれい。11月だったけど、まだ咲いている薔薇もあった。

Advertisements

CAVE D’OCCI WINERY(カーブドッチワイナリー)その3

ツアーの最後には、ワインショップで試飲ができる。

IMG_9188

まずはスパークリングワイン。シャルドネだけを使ってつくられたもので、すごくドライ。

IMG_9189

これはこの時期だけの「ペティヤン」。一次発酵中の白ワインを瓶詰めしたもの。発酵途中だから甘みがあり、炭酸ガスも含まれている発泡性ワイン。

この後飲ませて頂いたシャルドネがしっかりした味わいですごく好みだったのに、写真を撮り忘れた。何てことだ。

リースリングも出して頂いたのに写真がない。こちらは甘い香りだけど味わいはさっぱり。

IMG_9192

メルロー。左はハーフボトルで、ねこちゃんプリントつき。

 

IMG_9193

ピノ・ヴィラージュ。あとカベルネ・ソーヴィニヨンも飲ませて頂いた。

 

IMG_9196

そしてこの左側が! 一番おいしかったピノ・ノワール。「ビジュー」という、特に良いぶどうを使ってより手間のかかる製法で作られたシリーズの2012年。うっとりするほどエレガント。薄いルビー色にも見とれてしまう。

右側は、通常のピノ・ノワールだけれど2010年。もう出回ってないものらしい。

カーブドッチのワインは一般にはあまり出回らないみたいなので、もう1本くらい買っておけば良かった。

ほかにも甘口のオードヴィなども飲ませていただいて、すっかり出来上がった状態でランチへ…。

 

CAVE D’OCCI WINERY(カーブドッチワイナリー)その2

ワイン畑見学のあとはワイン蔵へ。

ワイン蔵

「カーブドッチ」敷地内の建物はどれもこういう焼き板と白壁の建築で統一されている。

案内していただいたのはステンレスタンクのある部屋。

タンク

巨大なタンクがずらりと並んでいる。

白ワインは、ぶどうを摘んだら不要な部分(傷んだところや軸)を取り除いて、すぐに汁をしぼってこのタンクで寝かせる。その間に、ぶどうに付いている酵母がぶどうの糖分を食べて、ジュースがアルコールに変化する。こうして発酵したものを、澱を除いて(樽で寝かせてから)瓶に詰めるという流れ。

IMG_9180

タンクの上部には、発酵で生まれる炭酸ガスの抜け道が作られている。

ちなみにスパークリングワインは、瓶詰めするときにスパークリング用の酵母(場合によっては糖分)を加えて、瓶内で二次発酵を行い、発酵により生まれる炭酸ガスを溶け込ませる。

ワイン用のぶどうは食用のぶどうのように実が大きくないので食感は良くないが、食べてみるととても甘くて意外とおいしいのだそう。糖度が高くないと、十分に発酵しないのだという。国産のワイン用ぶどうは糖度が足りないため糖分を補うことが多く、それで甘いワインになるのだという。

赤ワイン樽

一方赤ワインは、実を摘んで不要な部分を取り除いたら、そのまま皮や種ごとこういうタンクで1カ月ほど漬け込んでおく。種からのタンニンや、果皮からのアントシアニン色素などの成分を汁に侵出させるため。この過程を「マセラシオン」という。その後汁をしぼって、タンクで発酵させるという流れ。

ロゼはというと、赤ワインよりマセラシオンの期間が短いのだそうだ。はあ〜知ってるようで知らなかった!

しぼりき

これが汁をしぼる圧搾機。

 

赤ワインや、重め白ワインは、タンクで発酵させた後、木樽で寝かせる。

樽

樽はフレンチオーク(樫の木)。木のエキスによって色や香りが、また木を通して空気に触れることによっても味が変化するのだそう。寝かせるのはだいたい半年〜1年。長くても5年くらい。

樽で寝かした後は瓶に詰めて、地下の貯蔵庫へ。

IMG_9182

広大なセラーに歴代のワインが寝かしてある。創業当時のワインもあったが、商品にはしないのだそう。これはどこのワイナリーでもそうらしいが、最初の3年ほどは自分の畑でぶどうが収穫できないので、輸入したり他から買ったぶどうでワインを作っていたのだという。

見学が終わったら、いよいよお楽しみの試飲!

 

CAVE D’OCCI WINERY(カーブドッチ ワイナリー)その1

カーブドッチイメージ

新潟駅から割と近い場所にワイナリーがあると知って、訪れてみた。

鉄道の最寄りは、新潟駅からJR越後線で15分ほどの内野駅。平日だけ、事前に申し込めば、内野駅からシャトルバスが利用できる。

せっかく行くならとワイナリーツアーに参加したのだが、これが面白かった。酒蔵見学には何度か行っているけど、ワイナリーは初めてだったので。

ワイナリーツアーは1日1回、午前11時から。1人1000円。

ワイナリーの方が、ワイン作りの現場を順を追って案内して下さる。

まずはぶどう畑へ。収穫が終わったタイミングだったので、ぶどうの実は見られず。

IMG_9177

カーブドッチがユニークなのは、ヨーロッパを始めとする外来種のワイン用ぶどうだけを約20種類も育てているところ。それで会社名も「株式会社 欧州ぶどう栽培研究所」なのだそう。

ここは昔は川だった土地なので、水はけが良い砂地。ぶどうに深く根を張らせるためには痩せた土地の方が良いというのは意外だった。

1ヘクタール(100m四方)に約3000本のぶどうが植えられている。この密度は少ないのだそうで、湿気が少ないヨーロッパではもっと密集させて植えられているという。

1本の木につき、主な2本の枝だけを残して、あとは全部切ってしまうのだそうだ。そういう話は聞いたことはあっても、実際にぶどうの木を見てみるとその小ささにちょっと驚く。

赤ワイン畑

これはカベルネ・ソーヴィニヨンの畑。赤ワイン用のぶどうは葉っぱも赤く紅葉する。

 

白ワイン畑

これはシャルドネの畑。葉の色が黄色く色づいている。

ぶどうの木は40年以上で古木と言われるのだそうだ。ここのぶどうの木は20年ほどなので、壮年くらい。20年後が楽しみですね。

ワイン蔵以降は長くなるので、また次に。