Monthly Archives: August 2014

三徳山三佛寺 投入堂

帰省の折りに足をのばし、念願の三徳山三佛寺の投入堂へ。

http://www.mitokusan.jp/

投入堂

山登りが不安だったのだが、受け付けにいらしたお寺の方の「素晴らしいので、ぜひ登ってご参拝を」とのお言葉に力を頂いて、登り切ることができた。

まずは本堂でお参り。

本堂

普段着とハンドバッグで行ったら、登山の格好をして来ている人がいっぱいでドキドキ。でも軽装の人もちらほらいたし、登山参拝事務所でリュックも貸して頂けたので、大丈夫だった。ここで靴底を見て頂いて、登山にふさわしくない靴ならわらじを500円で購入。コンバースはOKだった。でもわらじの方が滑りにくいらしい。

滝

最初の橋「宿入橋」からの眺め。このときはまだ元気だった。

前日に雨が降ったので、山道が少しぬかるんでいて滑りやすい。最初の斜面をヒーヒー言いながら登り切ったところで、下山してきた若いご夫婦が素手の我々を見かねて、していた軍手を下さった! 登り終えて、軍手なしでは厳しかったと実感。あの時の方々、本当にありがとうございました。

葛の根っこやくさりにつかまったりしながら登るハードな行程。ふだん運動していない身には相当厳しい。まさに修業。

これは2つめのお堂「地蔵堂」からの眺め。(足は夫のもの)

地蔵堂

景色を眺めながらひと休み。壮観だったが、下は絶壁なので怖くて見られない。

この時でちょうど半分くらいの距離だったようだ。つい「あとどれくらいですか」と降りてきた方に尋ね、「もう少しですよ」と励ましていただく。これも有難かった。

この後鐘楼堂で鐘もつく。鐘は重さ3トンもあるという。こんな険しい場所までどうやって鐘を運んだのか…。

森

さらに山道をゆき、観音堂の背後の真っ暗な道を抜けると、ようやく投入堂が!

投入堂小

でも登山の疲れが大きすぎて、ゆっくり眺めを堪能する気力があまりなかったのが残念。

往復1時間半と聞いていたが、休み休み登ったので2時間以上かかってしまった。

帰り道には岩の登り降りがスリリングで楽しくなってきたし、60代くらいの方もたくさん登っておられたので、機会があればまた参拝するかもしれない。(しないかもしれない…)